Version 2.1

 

BPM音楽とプレイリスト

Virtual RabbitではBPM音として音楽を再生する事ができます。音楽は通常の再生速度ではなく、指定のBPMとなるように再生速度を変化させます。BPM音楽機能を利用するためには事前にプレイリストを作成する必要があります。

BPM音楽とは

プレイリストの作成

プレイリストアイテムの確認

プレイリストの設定

BPM音楽の再生

BPM音楽とは

音楽ファイルの再生速度を変化させ、指定のBPMのテンポで再生する機能です。シンプルなメトロノーム音に加え、BPM音楽に合わせて走る事で楽しんで走る事ができます。

BPM音楽を利用するためにはアプリ内に専用のプレイリストを作成します。このプレイリストから登録曲の削除等をおこなっても、オリジナルファイルがデバイスから削除される事はありません。

音楽ファイルによってはBPM音楽として聞くのに適さないものがあります。以下のような音楽はBPM音楽に適さない傾向があります。

 

- 曲中にテンポ変化がある曲。

- アカペラ等、リズム音が入っていない曲。

 

またオリジナルのテンポがBPMのテンポより速い曲も適さない場合が多いです。例えばオリジナルのテンポが200BPMの曲を、走行BPM175で再生する場合、オリジナルより再生速度が下がるためランニングのBGMとしては快適ではありません。

 

プレイリスト作成後にテンポを変更して再生する機能があるので、ランニングに使用する前に試聴し確認する事をオススメします。

プレイリストの作成

プレイリストビューを表示し、右上の編集ボタンをタップし編集モードに入ります。「+」ボタンをタップし、プレイリストの追加を行います。

新規にプレイリストが追加され、編集モードで表示されます。これに音楽ファイルを追加します。セルに表示されている+ボタンをタップします。

メディアピッカーが表示され、iPhoneに登録されている音楽ファイルを選択できます。プレイリストに登録する項目を選択し「完了ボタン」をタップします。

プレイリストの作成が始まります。登録時にはオリジナルのテンポ分析するため時間がかかります。分析中はその進捗を表示する画面となります。

解析が終わると下部のボタンが「分析中」から「プレイリストに戻る」に変わります。プレイリストに戻ります。

プレイリストが作成されました。

登録された音楽にはオリジナルのテンポと再生時間が表示されます。また目安時間として175BPMで再生した場合の時間が表示されます。

プレイリストアイテムの確認

登録された音楽をタップすると詳細画面が表示されます。

アルバムイメージ上にある再生ボタンをタップする事で試聴ができます。また実際に再生される時の速度にテンポを変更して試聴できます。

試聴の結果、BPM音楽として適さないと判断できる場合はプレイリストから削除できます。プレイリストからの削除は一つ上の画面である「プレイリスト詳細」画面で行います。

削除以外にもプレイリストに残しつつ、再生時にスキップ対象とする設定が可能です。スキップ対象とした場合、プレイリスト詳細画面ではスキップマークが表示されます。

またオリジナルのテンポが倍速、もしくは1/2速で解析されてしまう場合があります。試聴によりこのような状態にあると思われる場合は、基準BPMを1/2、もしくは倍速に変更する事で適切な再生速度となる場合があります。

プレイリストの設定

プレイリストの編集モードではアイテムの順序変更、追加、削除が行えます。右上の設定ボタンからはプレイリストの設定画面に移動できます。

プレイリスト名、メモ、またアルバムのアイコンとして表示する画像の変更が行えます。

 

BPM音楽の再生

BPM音楽の再生はトレーニング画面で行います。トレーニング画面でBPM音の種類を音楽にします。

BPM音楽が選択されると、その右側にあるMusicコントローラーが利用可能になります。現在選択されているプレイリストの再生が始まります。Musicコントローラーではプレイリストの選択の他、再生曲を戻す、進む、SKIP設定が行えます。

実際にBPM音楽として利用してみると、BPM音楽として適さない場合があります。その場合には「SKIP」ボタンを押すことで、プレイリスト内に残しつつ、再生対象から外す事ができます。

SKIP設定されたアイテムはプレイリストでこのように表示されます。トレーニング後に編集を行い、削除や基準BPMの再設定等を行います。

Copyright © 2015 willbit,LLC All Rights Reserved.