Version 2.1

 

トレーニングプログラムの作成

Virtual Rabbitでは複雑なトレーニングをトレーニングプログラムとして作成し、繰り返し使用する事ができます。作成方法は新規作成する方法とインポートする方法があります。

新規作成

セクションの編集

インポート

エクスポート

新規作成

「プログラム一覧」画面を表示し、左上の編集ボタンをタップします。表示された「+」アイコンをタップします。

「トレーニングプログラムの追加」メニューが表示され、「インポート」と「新規作成」の項目が表示されます。ここでは「新規作成」をタップします。

「新しいトレーニング」が追加され、そのプログラムが編集状態で表示されます。

新規作成したトレーニングは初期状態で一つのセクションのみを持っています。

セクションの編集

続いてセクションの編集を行います。ここでは新規にセクションを追加します。「セクションの追加」ボタンをタップして下さい。

新しいセクションが追加され「セクションの詳細」画面が表示されます。ここでは表示色を赤とした、運動強度が強めのセクション設定にしました。設定が完了したら戻るボタンで「トレーニングの詳細」画面に戻ります。

「トレーニングの詳細」画面に戻ると、先ほどのセクションが追加され、2セクションのトレーニングになっています。トレーニング全体の距離や時間は2つのセクションを合わせた値になります。

必要な設定となるようにセクションの編集、追加を行ってください。編集完了後、左上の「完了」ボタンをタップして下さい。

新しいトレーニングが追加されました。

インポート

トレーニングプログラムのインポートを行う場合は「トレーニングの追加」メニューから「インポート」を選択して下さい。

インポートはiCloud等のクラウドストレージからトレーニングファイルを読み込みます。利用できるストレージは端末の設定状況により異なります。

プログラムファイルの拡張子はvrtrainingです。目的のファイルをタップしインポートします。

エクスポート

トレーニングプログラムはエクスポートが可能です。エクスポートを行いたいプログラムを選択し「トレーニングの詳細」画面で編集状態として下さい。アクションメニューをタップします。

エクスポートメニューが出現します。

エクスポート先はインポートと同様、クラウド・ストレージになります。

Copyright © 2015 willbit,LLC All Rights Reserved.